International Society of Oral Implantology

Japanese/English
DGZI日本支部

パンクズメニュー


メインコンテンツ

Message from the President

近年の医療技術の進歩により、虫歯や歯周病で歯を失っても人工歯根(インプラント)によって、機能性や審美性を回復できるようになってから約30数年が経過しました。
今ではインプラントによる治療は、当学会の会員を含む全国の多くの歯科で行われるようになり、患者様のQOLの維持に努めています。
一方で、多くの開業医が扱う治療となったことにより、医療事故やトラブルも散見されているのが現状です。

そこで私たち「国際口腔インプラント学会」(International Society of Oral Implantology  ISOI)は、インプラント治療の社会的認知度の更なる向上とともに、手術技術はもちろんのこと経営・法律相談等さまざまな分野におけるセミナーなどを通じて、会員の皆様の技術と知識の習得を目指し、患者様にとって安心なインプラント治療を提供することを目的に日々活動をしています。

また、当学会はヨーロッパで最大最古となる「ドイツ口腔インプラント学会」(DGZI)の日本支部であります。
そのため国際的に通用するインプラント専門医としての資格取得も夢ではありません。
インプラント治療に際して当学会の認定医であることが、社会的に大きな信頼と評価につながっています。

ここ数年の社会情勢により以前のような集合型の講演会開催が困難な時、新たにWEBを利用した講演会にチャレンジしました。
更にWEBと集合型のハイブリット形式での開催は、参加者の都合の良い時間に視聴できるとの事で参加者が増え、定着しつつあります。

私たち「国際口腔インプラント学会」(International Society of Oral Implantology ISOI)は、歯科医師はもとより、歯科衛生士や歯科技工士との緊密な連携を組み開業医としてできうる限り最新の情報を得るために、協賛企業のご協力のもと、日々発展し続けるインプラント治療を会員の皆様に伝え、今後増えていくと思われる新旧のインプラント治療が混在している難解な患者様の口腔に最適な治療が出来るよう、時代に合わせ開催方法を検討しながら学んでいける場を提供していければと考えています。

令和4年6月吉日

ISOI会長 山下 修