国際口腔インプラント学会 ISOI

Japanese/English
DGZI日本支部

パンクズメニュー


メインコンテンツ

ISOI推薦図書

一覧ページに戻る

明日は我が身とならないための
    実例 歯科医院法務まなび塾』

ISOIの顧問弁護士である永松先生の著書です。30数年以上の弁護士活動のうち殆どの時間を医療関係で活躍されてきた経験豊富な先生の著書です。いざというときが来る前に読んでおくことを勧めます。

明日は我が身とならないための 実例 歯科医院法務まなび塾

訴えられたらどうなる?訴えられないためにどうする!?

著者:
永松榮司・横山敏秀・丸山高人(永松 ・ 横山法律事務所/弁護士)
出版:
デンタルダイヤモンド社 / 2016年4月発行

B5判/136ページ
4,320円
https://www.dental-diamond.co.jp/item/654

 

訴えられたらどうなる?
訴えられないためにどうする!?

医療過誤訴訟が増加傾向にある昨今、開業歯科医も他人事ではいられません。
「医療過誤により患者から訴えられた」「解雇を巡ってスタッフから訴えられた」など、“医療者”として、“経営者”として、訴訟のリスクは常にあります。また、“私人”としての訴訟が「歯科医師免許の取消・歯科医業停止の行政処分」に繋がることも……。

本書では、実際に起こった裁判事例を紐解きながら、どのようなケースで歯科医師が訴えられているのか、どうしたら訴訟リスクを減らすことができるのかを、丁寧に解説しています。
とくに、各事例の「本事案から歯科医師に学んでほしいこと」では、著者が伝えたいエッセンスが凝縮しています。
「備えあれば憂いなし」、ぜひご一読を!

永松 榮司 (ながまつ えいじ)

1970年 中央大学法学部法律学科卒業
1990年 朝日大学 監事(現在に至る)
1998年 明海大学 監事(現在に至る)
2000年 東京弁護士会 監事
2002年 公益社団法人法人日本口腔外科学会 顧問(現在に至る)
2012年 特定非営利活動法人日本顎咬合学会 顧問(現在に至る)
2017年 国際口腔インプラント学会 顧問就任

横山 敏秀 (よこやま としひで)
丸山 高人 (まるやま たかひと)
*本書巻末の略歴を参照ください

その他メニュー

ISOI 会員ページ

事務局移転のため現在お支払い機能を停止しています。恐れ入りますが、お問い合わせはメールにて承ります。