International Society of Oral Implantology

Japanese/English
DGZI日本支部

パンクズメニュー


メインコンテンツ

Applications

DGZIドイツ本部、国際口腔インプラント学会及びDGZI日本支部では、インプラント医療の高度な水準の維持と向上を図ることにより、国民に適切な医療を提供することを目的として、認定を設けております。

Renewal Points

For the renewal of all qualifications, 50 points are necessary within the 5-year certification period. Points can be obtained by taking part in academic conferences and seminars hosted by the ISOI and by attending educational lectures.


Acquisition points in each seminars

Changes to the Qualification Renewal Point System for Dentists

Due to changes made to the system, individuals who obtained a qualification prior to March 2014 will receive 10 points toward the next qualification renewal. Therefore, 40 points will be required for the next qualification renewal, as was previously the case.

Types of Certification

Both “DGZI German headquarters” certifications and “ISOI and DGZI Japan section” certifications are available. Certifications issued by the “DGZI German headquarters” of the largest and oldest implantology society in Europe grant implant specialists a great degree of trust and social value.

認定詳細

Master program★★★★★
 
受験資格
  • Qualified specialist
  • Meet DGZI examination conditions
  • Receive ISOI recommendation (based on consideration of the number of conferences and lectures attended)
Oral Implantology Specialist★★★★
 
受験資格
  • 400 or more clinical cases
  • Qualified expert dentist
Expert Implantology★★★
 
受験資格
  • 100 or more clinical cases
  • Qualified authority dentist
Authority of Implantology★★
DGZI Japan 指導医
受験資格
  • 歯科医師資格取得者
  • ISOI会員
  • 教育講演の受講
  • Attend four hands-on seminars or educational lectures after obtaining the Clinical Oral Implantology qualification (not including the educational lectures attended for the Clinical Oral Implantology examination)
Examinations

 Written examination, oral examination

Documents for Submission
  • Implant cases (50 cases having preoperative and 3 years postoperative panoramic radiographs that show the temporomandibular joint)
    Submit postoperative oral cavity photographs for 10 of these cases.
    In these 50 cases, include cases of cosmetic work to the anterior teeth, cases of sinus floor augmentation, and full-payment cases (including overdentures).
申請する
Clinical Oral Implantology
DGZI Japan 認定医
受験資格
  • 歯科医師資格取得者
  • ISOI会員
  • 教育講演の受講
試験内容

筆記試験

提出物
  • 申請書類歯科医師免許証のコピー
  • 会員歴履歴書
  • 臨床実績評価証明書
  • インプラント症例
    (術前、術後3年の顎関節部を含むパントモ写真を20症例)
申請する
認定歯科衛生士★★
Implant Special Dental Hygienist

認定歯科衛生士とは?

患者との信頼関係構築のためのより高いコミュニケーション能力を持ち、インプラント治療全般に関する専門的知識と技術を持ち合わせ、チーム医療の一翼を担っているという意識を持ってインプラント治療後のメインテナンスケアも行える歯科衛生士。

受験資格
  • 歯科衛生士の資格取得者
  • ISOI会員
  • メインテナンス5症例(術前・術後のパノラマ写真と口腔内写真)を提出できる事
  • ISOIインプラントコーディネーターの資格取得者
  • インプラント実務経験3年以上
  • 教育講演の受講
試験内容

筆記試験 / 口頭試問

提出物
  • 申請書類
  • 歯科衛生士免許証コピー
  • 推薦状(ISOI会員歯科医師から)
  • メインテナンス5症例(術前・術後のパノラマ写真と口腔内写真)
申請する
インプラントコーディネーター
Implant Coordinator

インプラントコーディネーターとは?

歯科医院全体が患者からの信頼を得るために必要な、術者より近い存在として認識してもらえる存在になること、またインプラント治療の基礎知識を持ち、患者への説明やコミュニケーション力を高め、より円滑な治療ができるよう患者と術者の間の調整が行えるスタッフ。

受験資格
  • 歯科衛生士、歯科助手その他コ・デンタルスタッフ、歯科技工士
  • ISOI会員
  • 教育講演の受講
  • インプラント実務経験については、歯科衛生士と歯科技工士は2年以上、その他は3年以上
試験内容

筆記試験

提出物
  • 申請書類
  • 歯科衛生士、歯科技工士免許証コピー
  • 上記以外のコ・デンタルスタッフはISOI会員歯科診療所での勤務実績書
  • 推薦状(ISOI会員歯科医師から)
申請する
認定歯科技工士★★
Implant Special Dental Technician
受験資格
  • 歯科技工士の資格取得者
  • ISOI会員
  • 本会正会員であること
  • インプラント技工に3年以上携わっていること
  • 歯科技工士教育講演受講
試験内容

筆記試験 / 口頭試問

提出物
  • 認定新規申請書
  • 歯科技工士免許(コピー)
  • 履歴書(3年以上のインプラント技工歴も含む)
  • インプラント上部構造物20症例一覧
  • インプラント上部構造物の工程写真(20症例中5症例の模型上の写真)
申請する