国際口腔インプラント学会 ISOI

DGZI日本支部

メインコンテンツ

直近のイベント紹介

御 礼

「国際口腔インプラント学会 学術大会2015」はたくさんの方にご来場頂き、成功裏に無事終了しました事をここにご報告致します。歯科医療に携わる様々な方々、スタッフの方々、一般の方々、そして著名な先生方の厚いご協力に、深く感謝申し上げます。当学術大会が歯科医療の発展に少しでも寄与出来ればと願いながら、更なる飛躍を目指し精進致す所存でございます。

2015/11/24

こちらに画像を一部掲載しました

お知らせ

今回よりインプラントコーディネーターの受験資格が拡大されました。従来の歯科衛生士に加え、歯科助手その他コ・デンタルスタッフ、歯科技工士の方も認定試験を受けていただくことができます

2016〜
歯科医師(クリニカル・オーソリティインプラトロジー)認定更新について
2016〜
認定歯科衛生士・インプラントコーディネーター認定更新について
2016〜
認定歯科技工士 認定更新について

ISOI認定

国際口腔インプラント学会及びDGZI日本支部では、インプラント医療の高度な水準の維持と向上を図ることにより、国民に適切な医療を提供することを目的として、当学会会員に向けて認定制度を設けております。

下記規定に該当する学会会員は、認定試験に合格する事で認定証が発行されます。

for Dr

Authority of Implantology
  • 歯科医師資格取得者
  • 教育講演を4回受講
  • Clinical Oral Implantlogyの資格取得者
  • インプラント症例(術前、術後3年の顎関節部を含むパントモ写真を50症例)そのうち10症例の術後口腔内写真を提出出来る事
Clinical Oral Implantology
  • 歯科医師資格取得者
  • 教育講演を受講
  • インプラント症例(術前、術後3年の顎関節部を含むパントモ写真を20症例)を提出出来る事

for DH

認定歯科衛生士
  • 歯科衛生士の資格取得者である事
  • 教育講演を受講
  • ISOI認定インプラントコーディネーターである事
  • インプラント実務経験が3年以上である事
  • メンテナンス5症例を提出できる事
インプラントコーディネーター
  • 歯科衛生士、歯科助手その他コ・デンタルスタッフ、歯科技工士である事
  • ISOI会員である事
  • 教育講演を受講
  • インプラント実務経験が歯科衛生士と歯科技工士は2年以上、その他は3年以上である事

for DT

認定歯科技工士
  • 歯科技工士の資格取得者である事
  • 教育講演を受講
  • インプラント技工に3年以上携わっている事
  • インプラント上部構造物20症例の提出ができる事